ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

【コラム】うまく返していくコツを伝授

不動産担保ローンの返済期間など、さまざまな返済方法の違いについて解説します。

知っておきたい不動産担保ローンの返済期間と返済方法

返済して友好関係を築く使い道に制限がなく、融資限度額も高めの不動産担保ローン。そんな便利で魅力的な金融商品ですが、ローンと名がつくからには返済しなければいけないもの。借りたものですから当然でしょう。

だからといって、ただ漠然と返済していては、かしこい方法といえません。

借りた目的や使途がさまざまなら、借りた人・会社のスタイルもまた、さまざま。

それぞれのライフスタイルや経済状況にあわせた返済方法を選択することで、効率よく返済することができます。

返済期間の後半の支払額を抑えたいなら「元金均等返済」

たとえば、「ゆくゆくは収入が先細りするので、返済期間後半の支払額を抑えたい」という場合。

この場合は、「元金均等返済」という返済方法が適しているでしょう。

元金均等返済とは、ローンの元金を返済回数で割った額と、借入元金残高への利息の合算額を月々返済していく方法です。

返済ごとに元金残高が減少し、支払期間が進めば進むほど、毎月の利息支払い額も減少します。着実に利息対象となる元金残高が減るため、返済総額も低くなります。

毎月の返済額を同じにしたいなら「元利均等返済」

反対に「資金計画が立てやすいよう、毎月の返済額を一律にしたい」とう場合は「元利均等返済」が最適。

はじめのころは利息返済額が大きく元金が減りづらいというデメリットはありますが、元金均等返済に比べて返済当初の返済額を低くできるメリットがあります。

返せるときにまとまって返済したいなら「自由返済」

「収入が不安定なので決まった金額は返済しづらい」「返せるときに返せるだけ返したい」という場合はどうでしょうか。

こうしたケースでは、「自由返済」がおすすめです。

自由返済は毎月の返済額の最低額を決めておき、それ以上の金額であれば返済額はいくらでもかまいません。多く返済可能な月にしっかり返せば、ほかの返済方法よりも利息の支払いを抑えられるというメリットもあります。

「ゆくゆくはまとめて返済できる目途が立っているので、月々の返済は最低限に抑えたい」という方もいらっしゃるでしょう。

そうした場合は、「利息払い元金一括返済」「元金据置返済」という方法が活用できます。

元金はあらかじめ返済期日を決めておき、その日に返済。利息分だけを毎月支払う返済方法のため、当面の出費はもっとも少なくてすみます。

ページの先頭へ