ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

その他

不動産担保ローンのなかでも、住宅ローンや納税、リフォーム資金、教育費などに活用するメリットを紹介していきましょう。

住宅ローン・リフォームなど、自由に活用できる不動産担保ローン

家計を計算不動産担保ローンの大きな特徴としてあげられるのが、みなんご存じのように使途が自由であるところ。

住宅取得専用ローンなど使い道に縛りのあるローン・金融商品とは異なり、言ってしまえばどのように融資を使おうが勝手なのです。

また抵当として優秀な不動産を担保とするため、借入限度額が比較的高いことも不動産担保ローンならではでしょう。

では、不動産担保ローンにはどのような活用法があるのでしょうか。

一例としていくつかのケースを見てみましょう。

不動産担保ローンの活用例

■住宅ローンとして
家を新築する際の住宅ローンとして活用できます。金融機関からローンが実行されるまでのつなぎ融資として利用すれば、ローン実行のタイミングと建築会社などへまとまった金額の支払のタイミングによる、経済的なエアポケットを埋めることが可能です。

■納税資金として
2015年に相続税の基礎控除に変更があり、遺産相続などで不動産担保ローンを活用するケースが増えてくることが予想されます。法改正以前は控除対象だったため税金対策をしておらず、急遽資金が必要になるというときでも、速やかに融資可能な不動産担保ローンならあわてる必要はありません。

■リフォーム資金として
住宅リフォームの資金としても不動産担保ローンは有用です。経年劣化や家族構成の変化などで改築が必要なとき、まとまったを資金を入手することができます。すでにある資産を活用し、さらにその資産の価値を高めるための融資ですから、メリットは大きいといえるでしょう。

■教育費用として
これからも少子化により、教育機関の授業料の上昇が予想されます。子どもの数が多ければ多いほど、教育費も膨らむもの。「教育ローンに入っておけば良かった」という場合でも、不動産担保ローンなら子どもの希望する進路をかなえてあげられる十分な資金が用意できます。

■福祉・医療費として
有料老人ホームなど、老後の福祉資金として不動産担保ローンを利用するケースも。設備の整った施設への入居は、想像以上に費用がかかります。それは、とても年金ではまかなえないほど。そんな場合に備えて、入居費用の準備資金として利用されています。高度な医療が必要なケースでも活用できます。

ページの先頭へ