ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

不動産担保ローンとはどんな仕組み?

ここでは、不動産担保ローンの仕組みや用途について紹介しています。

いざという時に役立つ!不動産担保ローンの知識

急にまとまったお金が必要になる時、不動産担保ローンは役に立ちます。

従来のローンは借りる人の信用によって融資を受けますが、こちらは不動産を担保にするため、さらに高額の融資を受けることができるのです。

そんな不動産担保ローンの仕組みを、詳しく紹介していきます。

気になる仕組みに迫る

不動産担保ローンは、土地や建物を担保にしたローンです。

従来のローンは、その人に返済能力があるのかないのかを審査し、問題ないと判断した場合、融資を受けることができます。

ですが、その人がきちんと返せると見込んだ額しか融資は受けられませんので、借り入れが可能が金額はある程度限られています。

しかし、土地や建物を担保にした場合、その人の返済能力+不動産の金額相当の融資を受けることができます。

土地や建物の条件によって価値は大きく変わってしまいますが、それでも従来のローンよりも高額の融資を受けられます。

具体的にいえば、従来のローンでは限度額が1千万円前後なのに対し、不動産担保ローンは1億以上の融資を受けることもできるのです。※個人や不動産によって融資額は上下します。

用途はさまざま

ローンは融資可能額が大きくなると、目的が指定されていることがあります(目的別ローン)。

例えば養育費や車の購入、リフォームなど、まとまったお金が必要な時は、その目的にのみ使用するという条件付きで融資を受けられるわけです。

しかし、不動産担保ローンにはその指定がありません。

用途が制限されることがないので、養育費や医療費、リフォーム費用など様々な目的に応じて使うことができます。

例えば、養育費とリフォーム費用が同時に必要になった場合など、不動産担保ローンで融資を受け、双方の資金に充てることもできます。

不動産担保ローンは低金利のため、ビジネスローンなどで融資を受ける場合と比較して返済額を安く済ませることもできます。

担保できる不動産とは?

不動産担保ローンを利用する時の注意点として、「不動産ならなんでも良いわけじゃない」ということを覚えておきましょう。

担保として認められる不動産物件は、価値があり、換金しやすいことが条件となっています。

また、金融機関によっては担保として認められる条件が少し厳しく設定されていることもあります。

ここでは、担保として認められるのが「厳しい」物件について紹介します。

換価(かんか)性の低い物件

過疎地や災害が発生しやすい土地や、老朽化している物件、再建築できない物件などは、担保にできない可能性があります。

買い手のつかないような物件を手に入れても、お金に変えるのが難しいため、価値がないに等しいからです。

権利関係に問題がある物件

差し押さえや訴訟中の物件など、権利関係に問題が発生している物件は担保にしている最中に持ち主が変わる可能性があります。

住宅ローンがまだ残っている場合では、借入先の金融機関が第一抵当を設定している可能性があります。不動産ローンの融資条件が、第一順位の抵当権である場合は担保にするのが難しくなるでしょう。

利用に制限がある物件

これは、主に土地が当てはまります。

農地など、その土地を利用するのに制限がある場合は、担保として使えない場合があるのです。

農地は農地法で保護されており、競売に出す場合は農業委員会および都道府県知事の証明書を発行する必要があります。

また、農地を宅地に変えるにしても都道府県知事の許可が必要です。

同様に保安林も、農地と同じく利用に制限があり、こちらはさらに厳しく森林外の用途に転用できない可能性もあります。

これらからわかるように、利用制限がある土地というのは非常に換金し難いため、担保にするのが難しいです。

親族が所有する不動産も大丈夫

不動産担保ローンは、自分名義でない親や親族が所有している不動産も、担保として融資を受けることができます。

もちろん、融資を受ける際には持ち主の同意が必要です。この時、融資額に影響が出ることはなく、従来の不動産担保ローンと同様の融資を受けることができます。

なお、同意があれば親族以外でも、不動産を担保にして融資を受けることもできます。

しかし、金銭トラブルなどには注意し、きちんと話し合って決めましょう。

なぜなら、不動産担保ローンは低金利といえども融資額は大きいので、きちんとした返済プランを立てなければ最悪の場合、不動産を失うことになるからです。

不動産担保ローンと住宅ローンの違いとは

一般的によく利用されるローンとして、「住宅ローン」というものがありますが、住宅ローンと不動産担保ローンはどのように異なるのでしょうか。 住宅ローンと不動産担保ローンは、どちらとも不動産を担保にする点では変わりがありませんが、細かい部分に違いがあります。 まず、両者の違いについて比較してみましょう。

不動産担保ローン 住宅ローン
資金使途 自由に使える 住宅の購入、リフォームのみ
金利 1.0~15.0% 固定金利が適用される 0.5~4.0% 変動金利・固定金利を選択
返済期間 平均的に5~10年程度 最長35年としている金融機関も 最長35年
担保物件 自分、もしくは親族所有の不動産 自分が居住している住宅のみ
抵当権 第一順位以外でも可 第一順位を設定
生命保険 加入義務なし 指定の生命保険への加入が義務
火災保険 火災保険加入が必須の場合もある 加入義務なし
提供元 銀行、ノンバンク 銀行

このように比較してみると、ほとんどの項目で違いがあることがわかります。

資金使途は住宅以外でも可能

融資を受ける側として一番ポイントとなる部分は、先にもお話ししましたが、不動産担保ローンは資金使途を限定しません。 住宅の購入やリフォーム、または借り換えの資金としてしか利用できない住宅ローンと違って、どのような資金用途でも融資を受けられます。

担保物件の基準は住宅ローンの方が厳しい

住宅ローンでは、自分が購入したマイホームにしか抵当権を設定することができませんが、不動産担保ローンでは担保物件の幅が広がります。例えば、自分が賃貸のアパートに暮らしていたとしても、実家を担保にして融資を受けることも可能。もちろん、担保物件が名古屋市内に存在しなければならない、ということもありません。

相続登記をした不動産でも担保にでき、不動産を所有している本人の了承が得られ、資産的価値が認められれば、ほとんどの不動産を担保とすることができます。

抵当権つき物件でも担保にできる

不動産担保ローンが便利な点は、担保評価さえあれば抵当権設定の順位を問わず、第二順位以下の設定であっても融資を受けられるところでしょう。

抵当権の順位を問わないということは、住宅ローンを利用中などで、既に抵当権が設定されている物件でも担保にできる可能性があるということ。住宅ローンは必ず第一順位として設定されていなければならないので、不動産担保ローンは、住宅ローンよりも担保の条件が緩いと言えます。

加入義務のある保険が異なる

住宅ローンを利用する際には、生命保険への加入義務がありますが、火災保険への加入義務はありません。不動産担保ローンは反対に、生命保険への加入義務はないものの、火災保険への加入義務が生じる場合もあります。

ただし、不動産担保ローンを利用する際に必ず火災保険に加入しなければならない、という訳ではなく、利用する金融機関によって変わるようです。

不動産を所有していれば、火災保険に既に入っているという方も少なくないでしょうから、既に入っている場合は、特に金銭的な負担が増えることなく融資を受けられることになります。

金利や返済期間は住宅ローンの方が有利なことも

不動産担保ローンは、担保物件の基準や抵当権設定の順位、資金使途に緩さがあるため、金利は住宅ローンよりも高めに設定されています。一般的に、返済期間も住宅ローンの方が長めとなっているので、返済のしやすさは住宅ローンの方が上でしょう。ですが、不動産担保ローンを低金利で利用できる金融機関もありますし、返済期間が最長35年となっている場合もあるので、返済に関しては一概に言えません。低金利で長期的な返済が可能な金融機関で利用すれば、住宅ローンとほぼ変わらない条件で、より自由な融資を受けることができます。

ページの先頭へ
不動産担保ローン会社BEST3

【第1位】

ユニーファイナンス

  • 金利6%~14%
  • スピード最短2日
  • 審査ゆるめ
  • 貸付金額100万円~3,000万円
詳しくはこちら

【第2位】

セゾンファンデックス

  • 金利不明~15%
  • スピード最短3日
  • 審査ふつう
  • 貸付金額100万円~3,000万円
詳しくはこちら

【第3位】

ワコーファイナンス

  • 金利7.95%~15%
  • スピード最短3日
  • 審査ふつう
  • 貸付金額50万円~3,000万円
詳しくはこちら
名古屋でおすすめの不動産担保ローン会社リスト
ノンバンク系不動産担保ローンとは…その疑問を一挙解決!
不動産担保ローンの活用法・メリットまとめ
悪徳業者に注意!正しい不動産担保ローン会社の選び方
不動産担保ローンを組める愛知の銀行リスト
不動産担保ローンの基礎知識不動産担保ローンの基礎知識