ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

ノンバンク系不動産担保ローンとは…その疑問を一挙解決!

不動産担保ローンの中でも、ノンバンク系にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

「速」「高」「安」のノンバンク系不動産担保ローンとは

ノンバンク系の不動産担保ローンの特徴を簡潔に言いあらわすならば、「速」「高」「安」の3語に集約できます。

「速」は融資実行までの速さ

個人、法人にかかわらず、ローンを申し込む人は資金が必要だから申し込むのですが、銀行系では融資実行までに1~2か月かかります。

その点、ノンバンク系はスピード審査、対応が売り。1~2週間で資金を入手することができます。銀行などの審査がおりるまでのつなぎ融資としての利用価値も大です。

「高」は限度額の高さ

個人や法人の信用でも評価しますが、ノンバンク系はあくまで不動産の価値で融資額の限度を算出します。

そのため、担保となる不動産の評価が高ければそのぶん高額の融資が可能です。上限のある銀行系のローンとの大きな違いです。

「安」は安い、の安ではなく、安心の安

ノンバンク系は銀行や公的金融機関のほど審査が厳しくないため、資本的に苦しい場合でも担保さえしっかりしていれば安心して融資を申し込める、というメリットがあります。

こうした点が、銀行系とノンバンク系との不動産担保ローンの違いともいえるでしょう。

そのほかにも、金利や手数料などにも銀行系とノンバンク系の融資には違いがあります。

それぞれの特徴をつかむことで、よりよい条件でローンを組むことが可能となるので、ぜひチェックしてみてください。

【column】抵当権とは?

不動産担保ローンを利用するにあたり、覚えておきたい言葉が「抵当権」。

抵当権とは、いわゆる「担保」のことで、金融機関から融資をうける際に設定します。不動産担保ローンにおいては当然、不動産に抵当権を設定することになります。

万一、融資が焦げ付いても、抵当権を設定した物件にはほかの債権者は手だしできないので、優先して債務を回収できるのです。

実は、法律上、抵当権の設定に登記や契約書、証明書といったたぐいのものは必要ありません。

しかし、それでは勝手に不動産を転売されるなど抵当権設定を反故にされる可能性もあるで、債権者(抵当権者)はそれを防ぐために登記するのです。

銀行系とノンバンク系の違い

銀行系とノンバンク系の不動産担保ローンの大まかな違いは以上の通りです。実際に利用する時に気になるのがメリットとデメリットですよね。このページでは、銀行系とノンバンク系の違いをさらに詳しく解説するとともに違いから見えてくるそれぞれのメリットとデメリットを紹介しています。以上を理解すれば、自分に合っている不動産担保ローンを選べるはずです。あるいは、銀行系とノンバンク系の使い分けがわかります。不動産担保ローンを申し込む前に確認しておきましょう。

銀行系とノンバンク系の違いについて詳しく見る>>

ノンバンク系で借りる利点

銀行系とノンバンク系では、利用するメリットが異なります。ノンバンク系にはどのようなメリットがあるのでしょうか。不動産担保ローンと密接に関係する4つの切り口でノンバンク系のメリットを紹介します。このページを見れば、ノンバンク系不動産担保ローンの魅力が詳しくわかります。銀行系では満足できない方や利用しやすい不動産担保ローンをお探しの方は参考にしてください。

ノンバンク系で借りる利点について詳しく見る>>

金利について

不動産担保ローンを申し込む時に無視できないのが金利です。確認を怠ると資金計画に狂いが生じる恐れがあります。ノンバンク系の金利はどの程度なのでしょうか。銀行系やその他のローン商品と比較するとともにノンバンク系不動産担保ローン各社の金利を紹介します。さらに、法律で定められている上限金利や金利を考える時に知っておきたい表面金利と実質金利の違い、変動金利と固定金利の違いなども解説します。このページを見れば、ノンバンク系不動産担保ローンの金利が詳しくわかります。

金利について詳しく見る>>

審査について

不動産担保ローンを申し込むにあたり、心配になるのが審査ですよね。どれだけ資金を必要としていても、審査に通らなければ融資を受けることはできません。一般的に、ノンバンク系は銀行系より審査が甘いといわれていますが本当なのでしょうか。銀行系の審査と比較することでノンバンク系の審査の厳しさを明らかにします。併せて、審査でチェックされるポイントや審査のスピードなども解説します。以上の情報を参考にすれば、ノンバング系の審査の概要がわかるはずです。審査に不安を抱えている方は確認しておきましょう。

審査について詳しく見る>>

登記に必要な書類

不動産担保ローンの登記には様々な書類が必要です。具体的に、どのような書類が必要なのでしょうか。一般的なケースで必要になる書類を紹介します。代表的な書類として挙げられるのが、不動産登記簿謄本と源泉徴収票・給与明細書・所得証明書です。併せて、これらの書類が必要とされる理由も解説します。このページを見れば、不動産登記に必要な書類がわかります。審査をスムースに進めたい方は参考にしてください。

登記に必要な書類について詳しく見る>>

ローンを組む時の手数料

ローンを組む時に必ず必要になるのが手数料です。大した金額ではないと思っていると、思わぬ出費になることがあるので注意が必要です。不動産担保ローンでは、どのような手数料がどれくらいかかるのでしょうか。大手不動産担保ローンが設定している手数料の相場を紹介します。併せて、手数料や金利などを考慮したローン会社の選び方も解説します。賢く不動産担保ローンを利用するため確認しておきましょう。

ローンを組む時の手数料について詳しく見る>>

名古屋の不動産担保ローン審査で嘘をついても必ずバレる3つの理由!

不動産担保ローンを利用する方の中には、できるだけ良い条件で融資を受けるため嘘の勤務先や借入件数、年収を伝えたいと考えている方がいるかもしれませんね。気持ちはわかりますが、審査で嘘をつくことはオススメできません。ほとんどのケースでウソがばれて心証を悪くしてしまうからです。審査でついた嘘はなぜバレるのでしょうか。その理由を詳しく解説します。これから審査を受ける方は参考にしてください。

名古屋の不動産担保ローン審査で嘘をついても必ずバレる3つの理由!について詳しく見る>>

ノンバンクでお金借り入れ可能?融資を受けたいけど審査が不安

不動産担保ローンの審査に不安を抱えている方はノンバンク系に注目するとよいかもしれません。銀行系に比べると審査が甘いといわれているので、融資を受けられる可能性が高まります。ノンバンク系に分類される金融機関の一つが消費者金融です。このページでは、消費者金融の特徴や審査基準、審査を通過するコツを紹介しています。不動産担保ローンの利用を検討している方は、選択肢の一つとして確認してみてはいかがでしょうか。

ノンバンクでお金借り入れ可能?融資を受けたいけど審査が不安について詳しく見る>>

ノンバンク事業融資|即日に事業資金が必要な時

事業を営んでいるとすぐに資金が必要になることがありますよね。このようなケースで便利なのがノンバンク事業融資です。なぜ、ノンバンク事業融資は急場しのぎにおすすめなのでしょうか。その理由を解説します。併せて、事業資金を借りるときに必要な書類、審査のポイント、不動産担保ローンとその他のローンの即日融資の違い、ノンバンク事業融資を利用する時に注意したいデメリットなども解説します。すぐに事業資金が必要な方の役に立つ内容です。できるだけ早く不動産担保ローンを利用したいと考えている方は参考にしてください。

ノンバンク事業融資|即日に事業資金が必要な時について詳しく見る>>

ページの先頭へ
不動産担保ローン会社BEST3

【第1位】

ユニーファイナンス

  • 金利6%~14%
  • スピード最短2日
  • 審査ゆるめ
  • 貸付金額100万円~3,000万円
詳しくはこちら

【第2位】

セゾンファンデックス

  • 金利不明~15%
  • スピード最短3日
  • 審査ふつう
  • 貸付金額100万円~3,000万円
詳しくはこちら

【第3位】

ワコーファイナンス

  • 金利7.95%~15%
  • スピード最短3日
  • 審査ふつう
  • 貸付金額50万円~3,000万円
詳しくはこちら
名古屋でおすすめの不動産担保ローン会社リスト
ノンバンク系不動産担保ローンとは…その疑問を一挙解決!
不動産担保ローンの活用法・メリットまとめ
悪徳業者に注意!正しい不動産担保ローン会社の選び方
不動産担保ローンを組める愛知の銀行リスト
不動産担保ローンの基礎知識不動産担保ローンの基礎知識