ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

ノンバンク系で借りる利点

銀行ではなく、ノンバンク系の金融機関で不動産担保ローンを借りるメリットを解説しています。

魅力的なノンバンクの不動産担保ローン!そのメリットとは

カレンダーノンバンク系の金融機関による不動産担保ローンの融資には、「速い」「自由」「高額」「借りやすい」というメリットがあります。

「速い」にかんしてのメリットは、その審査スピードや融資実行までの期間の短さ。

「貸してはダメなポイント」を減点方式で審査する銀行系と違い、「貸してもOKなポイント」を加点方式で審査する業者の多いノンバンクでは、審査スピードが早いのが特徴です。

また、銀行や公庫などの金融機関はどうしてもお役所仕事の側面もあり、対応が遅い傾向がある感も否めません。

その点、ノンバンク系は1週間から長くても2週間程度で融資実行が可能。速いケースでは、数日で融資された例もあります(即日融資など、あまりにもスピーディすぎるのは怪しいですが)。

使途が「自由」であるところも、不動産担保ローンのメリット。

銀行系は使途が制限される場合もあり、せっかくまとまった資金が手に入ってもフレキシブルに使うことができません。

余った融資を運転資金に投入し、効率的に事業を運営したり、借りた資金の中からつなぎ資金、ローンの一本化、競売の落札などに割り振ったりして、自由に使えることがノンバンク系の不動産担保ローンです。

かしこく運用すれば、商機を逸することもないでしょう。

より多い資金を借りられるノンバンク

ノンバンク系は、融資限度額が銀行系に比べて高いケースが多いことも見逃せません。

銀行系は金利が安いぶん限度額も抑えられ、最高でも5,000万円程度。かたや、ノンバンク系は担保となる不動産の流通価格の60%~80%が基準です。業者によっては最高10億円のところもあります。

つまり、不動産の価値が高ければ高いほど、高額な融資をうけられるメリットがあるのです。

そのほかのメリットとして、融資条件の低さから「借りやすい」点もあげられます。

業者によって条件はまちまちですが、しっかりした不動産担保さえあれば、銀行系よりもはるかに敷居は低いようです。

とくに、新規事業を起こす際には多額の資金が必要となりますが、実績がなくても分け隔てなく融資をうけることが可能。

低金利ながら競争率の激しい公的機関のローンや、職業や経歴、業績などでシビアにふるい落とされる銀行のローンとは違い、広く門戸が開かれているといえます。

ページの先頭へ