ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

銀行系とノンバンク系の違い

銀行以外の金融機関、ノンバンク系の不動産担保ローンにはどのような特徴があるのでしょうか。それぞれの違いやメリット・デメリットを表にまとめました。

銀行系・ノンバンク系の不動産担保ローンの違い

不動産担保ローンについて、銀行系とノンバンク系で「審査方式」「融資速度」「金利」「融資額」で比較した表が以下です。

審査方式 融資速度 金利 融資額
銀行系 減点方式
(審査きつめ)
1~2か月 低め 上限5,000万円
ノンバンク系 加点方式
(審査ゆるめ)
1週間~2週間 高め 物件流通価格の60~80%
 

早速、それぞれの違いについて解説していきましょう。

銀行系・ノンバンク系のメリット・デメリット

融資融資を銀行でうける場合とノンバンクでうける場合では、当然、融資元の営業形態が異なりますので、それぞれのメリットとデメリットにも違いがあります。

メリットをひとことでいうならば、銀行系の特徴は「金利が低い」点。

それに対し、ノンバンク系の特徴は「融資のスピード」があげられるでしょう。

銀行や行政の公庫は低金利が魅力的ですが、人気も高く競争率も高いのが実状です。また、そのぶん審査も慎重で融資までに時間がかかってしまう点は大きなデメリット。

一方、ノンバンク系の不動産担保ローンは速やかに審査に動くため、融資実行までが早く、あまり時間を要しません。

ここまで説明したのをまとめたのが以下の表です。

メリット デメリット
銀行系 金利が低い 審査が厳しい
融資に時間がかかる
ノンバンク系 融資のスピードが早い
審査がゆるめ
金利がやや高い
 

ノンバンク系は銀行系に比べると金利が高めに設定されていのでデメリットと考えがちですが、活用法によっては十分にそれらを克服することができるのです。

次からは、そんな一例を紹介していきたいと思います。

つなぎ資金でやり繰り上手に

たとえば、銀行系の融資を申し込むと審査などで融資実行までに時間を要します。

しかし即座に資金が必要な場合、そんなのんきなことは言ってられません。

そこで、銀行の融資実行まではノンバンクの不動産担保ローンをつなぎ資金として活用すれば、スムースに資金を手に入れることができます。

後日、銀行からの融資が実行されたら、それをもとにノンバンクへの債務を返済すれば、利息の支払いも最小限にとどめられるでしょう。

また、銀行系のローンは、条件にあてはまるかどうかの減点方式で審査するのに対し、ノンバンク系は債務者の長所を見出して返済可能であるかを審査する方式。いわば加点審査といえます。

ですから、担保にする不動産に相応の価値さえあれば、十分な額の融資をうけられるケースが多いのです。

一律に「審査不合格」と審判するのではなく、借り手の事情に応じて個別に条件を調整し、融資できる範囲で融資してもらえる対応力も、ノンバンク系の魅力かもしれません。

いずれにしてもローンは使い方と返済の仕方次第。

銀行系、ノンバンク系の長所と短所をうまく見極め、上手に活用すれば大きな資金力になります。

ページの先頭へ