ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

審査について

「審査が甘い」といわれるノンバンク系の不動産担保ローン。実際の融資における、審査とはどのようなものなのか解説します。

ノンバンクの不動産担保ローンは、銀行より審査が甘い?

不動産担保ローンの審査について知る前に、まずは申し込みの流れを見ていきましょう。

一般的に、次のようなフローで利用します。

問合せ・相談 → 申し込み → 審査 → 契約 → 融資実行 → 返済

住宅このうち、ノンバンクのローンにしろ銀行系のローンにしろ、不動産担保ローンにしろ一般的な住宅ローンにしろ、もっとも重要なのが審査です。

審査いかんによっては、融資を断られることもありますし、希望する融資額に届かないこともあります。

不動産担保ローンにおいては何を審査するのかというと、おもに担保とする住宅やビル、土地などの不動産の価値と、借主の返済能力の2つが中心です。

 
  • 不動産
    現在の流通価格はいくらなのか、もし融資が焦げついたときに速やかに処分できるかなど、担保価値を審査します。
  • 返済能力
    収入をはじめ職種や勤続年数、税金の支払い状況、過去の借入れ歴と事故(返済滞納)の有無、現在の借入れ有無とその状況などを総合的に判断し、審査します。
 

融資額に高低こそあれ、過去に事故歴がなく、収入と担保不動産に問題がなければスムースに契約履行されるケースが多く、あまり心配はしなくてもかまいません。

「審査が甘い」とまで言いませんが、銀行系のローンに比べれば、審査についてはかなり敷居が低いといえるでしょう。

驚くべき審査スピードの速さ

融資額については、あくまで不動産の価値が基準。そのため、不動産の価値が高ければ十分な額の融資を引き出すことが容易です。

ほとんどの銀行系の不動産担保ローンは「5,000万円まで」と上限が決まっていますから、いくら不動産の資産価値が高くても融資額には限度があります。

またノンバンク系の審査にかかる日数は数日から1~2週間と金融機関によってまちまちですが、1~2か月は当たり前のようにかかる銀行の審査に比べると格段にスピーディーです。

最短で2日~3日という業者もめずらしくありません。

こうした点も、ノンバンクの不動産担保ローンを活用する人が多い理由のひとつでしょう。

気になったら、とりあえず相談だけでもしてみてください。

ページの先頭へ