ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

金利について

ここでは、ノンバンク系の不動産担保ローンの金利について解説していきます。

ノンバンク系が取り扱う「不動産担保ローン」の金利とは

ローンみなさんご存じのように、ノンバンク系の不動産担保ローンの金利は、銀行系のものと比べるとやや高めに設定されています。

審査の通りやすさや融資スピード、担保物件によっては銀行系よりもはるかに高額な融資をするため、やむをえないところではあるでしょう。

しかし、それはあくまでも銀行系の不動産担保ローンと比較した場合。

そのほかのローン商品と比べると、金利は低めです。

では、ノンバンク系の不動産担保ローンの金利は、どれくらいが標準なのでしょうか。

不動産担保ローンの適正金利について

債務者の返済能力や貸出条件などで不動産担保ローンの金利は変わってきますが、低くて7%、高くて18%といったところではないでしょうか。

あまり低金利になることを期待しすぎてもいけませんが、おおむね10~15%程度と考えておけばいいでしょう。

ただし、これらは年利での利率。詳細な利率は貸付利率、実質年率など、計算方式で変わってきます。

「利息=元金×金利×借入期間」で計算する金利に対し、借入残高によって残高をはじき出す残債方式をとれば、実質年率での利息支払いとなります。

つまり実質年率では、毎月の返済ごとに借入残高が減少するよう支払うことができるので、こちらの方がおすすめと言えそうです。

利率の算出方法は返済方式にもかかわってくるので、事前によく確認し、納得したうえで不動産担保ローンの契約をするようにしましょう。

【column】グレーゾーン金利とは?

以前は利息制限法の上限金利15%~20%と出資法の29.2%との間の金利を利用するなど、法律の解釈をうまく使って金融業者の都合のいいように利率が決められていました。

いわゆる「グレーゾーン金利」といわれる利息帯です。

例えば、元本100万円、年利20%の融資をうけたとします。利息制限法による上限金利(100万円以上は年15%)は超えていても、出資法による上限金利である年29.2%には収まっているため、年利20%で貸し付けた金融業者を違法であるとは弾劾できませんした。

このような事態が数々のトラブルを引き起こし、社会問題となっていました。

そこで、2010年6月18日に貸金業法及び出資法改正が施行されました。これにより、金利は融資額によって最大10%~15%とされ、消費者側に不利な状況はあらためられたのです。

現在はグレーゾーン金利による高利融資の審判はありませんので、安心して借り入れができる状況になったといえるでしょう。

ページの先頭へ