ノンバンク系の不動産担保ローン比較 in 名古屋

不動産担保ローンでかしこく資金繰りしたい名古屋人のための百科事典

急いでいる・・・銀行に断られた・・・まとまった金額を借りたい・・・資金繰りがヤバイ・・・どうしよう・・・ 注目!!不動産担保ローン会社ランキングはこちら ノンバンク系で借りられた!

ノンバンクでお金借り入れ可能?融資を受けたいけど審査が不安

名古屋で不動産担保ローンを組みたいものの、銀行では審査が厳しく、なかなかスムーズにいかなかった場合、比較的審査がゆるいといわれているノンバンク系でなら、融資を受けることができるのではないかと考えている人も少なくないでしょう。

とはいっても、本当に審査を通過することは可能なのか、不安に思うこともあるかもしれません。ここでは、ノンバンクの中でも消費者金融と呼ばれる金融機関の特徴や審査基準、審査を通過するコツについて、述べていきます。

消費者金融について

消費者金融とは、消費者信用のうちの、個人に対して行う小口融資のことをいいます。または、一般の個人に対して、担保なしで融資することを事業としている貸金業そのもののことを指して、消費者金融と呼ぶこともあります。

消費者信用とは、個人の収入など様々なことを調査して考え、その個人に返済能力があると信用した上で行う、販売信用と消費者金融のことです。もともとは小売業者が行っていた掛売に、その形態がはじまり、現在のクレジットカードでいうと、ショッピングが販売信用にあたり、キャッシングが消費者金融にあたります。

たとえば、家族で海外旅行に行ったり、車を買ったり、子供が大学に進学したりなど、普通に生活していて起こりえることに対して、普段の収入だけではお金が足りないことがあります。

そんなときに、銀行に比べると審査が穏やかで、実際に借入を受けるまでの期間が短く、手軽に利用できる消費者金融に融資してもらうことは、人々の暮らしを豊かにするための方法の1つといえるでしょう。

同じ金融業の銀行との違いは、適用される法律が違うことにもあります。銀行の業務に関しては、銀行法が適用され、消費者金融の業務に関しては、貸金業法が適用されます。

また、個人に対しての小口融資を業務とする消費者金融では、扱う金額も銀行よりは少額になっていて、10万円から500万円ほどとなっています。借り入れる金額にも規制があり、年収の3分の1程度までです。

金利の上限は18%となっていて、銀行よりは高く設定されています。これは、消費者金融で融資を受けるときに、担保や保証人を立てなくても借り入れできるからです。銀行の場合は、返済できなかったときの保証として、担保や保証人を立てるので、金利を安く設定しています。

審査基準について

消費者金融の業務は、融資をすることなので、貸したお金をきちんと返してもらうことで、利益を得ています。審査基準の基本は、貸した相手に返済能力があるかということです。

各会社によって、細かな基準が定められていて、与信スコアリングと呼ばれる信用度を数値化したものにより、判断することとなっています。与信スコアリングには、年収や勤務形態、住居形態など、借主の属性を数値化する「属性スコアリング」と、他社に対する返済履歴などの信用情報を数値化する「信用情報スコアリング」があります。

数値化する基準は、会社によって様々で、細かに設定されていますが、重要な項目には次のようなものがあります。

  • 年収
    これは最も大切も審査基準の1つです。安定した収入があり、年収が高ければ高いほどよいとされます。
  • 雇用形態
    正社員に越したことはないとされますが、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトでもかまいません。ただ、専業主婦だと、本人が無収入なので、融資することはできません。
  • 居住形態・居住年数
    持ち家があり、同じ場所に長く住んでいる人の方が、賃貸住宅などを転々としてあちこちに居住地を変える人よりは、安心感があるとされます。
  • 借入状況・返済履歴・信用情報
    消費者金融の審査の重要なポイントは、借りたお金をきちんと返せるかどうかということです。過去の借入がないに越したことはありませんが、きちんと返済をしていたら、そこまで不利にはなりません。逆に、過去の借入で、3か月以上の返済の遅延や滞納があったら、返済能力がないと判断されます。
    また、財産差押えや自己破産、個人再生などの事故情報があったら、5年から10年はその情報は消えずに、ローンを組むことはできなくなります。

審査通過のコツ

消費者金融では、与信スコアリングの数値を高くすめば、審査に通りやすくなります。まずは属性の数値を高くすることです。

正社員で、勤続年数は1年以上あり、期間は長ければ長いほど信用されます。また、賃貸のマンションやアパートなどで一人暮らしをしているより、持ち家である実家で暮らしていると、住居形態は持ち家となるので、有利になります。

さらに、信用情報スコアリングでは、他社からの借入件数が多いと不利になります。借入金額はではなく、借入件数が問題となるので、複数の借入がある人は、おまとめローンなどを利用することをおすすします。

また、短期間でいくつもの会社に融資を申し込むと、「申し込みブラック」とされ、審査が通らなくなることがあります。一般的には、1か月に4社以上に融資を申し込むと、ブラックになり、審査は通らなくなるようです。

ローンを組むとき、銀行の審査だと厳しい場合は、ノンバンク系の消費者金融を利用すると、比較的審査もゆるくて、審査の時間も短期間ですみます。ひと昔前までは、取り立てや高金利など、怖いイメージもあった消費者金融ですが、近年は、法律も整備され、健全な会社になっているところが多いので、安心して融資を受けることができるでしょう。

ページの先頭へ
不動産担保ローン会社BEST3

【第1位】

ユニーファイナンス

  • 金利6%~14%
  • スピード最短2日
  • 審査ゆるめ
  • 貸付金額100万円~3,000万円
詳しくはこちら

【第2位】

セゾンファンデックス

  • 金利不明~15%
  • スピード最短3日
  • 審査ふつう
  • 貸付金額100万円~3,000万円
詳しくはこちら

【第3位】

ワコーファイナンス

  • 金利7.95%~15%
  • スピード最短3日
  • 審査ふつう
  • 貸付金額50万円~3,000万円
詳しくはこちら
名古屋でおすすめの不動産担保ローン会社リスト
ノンバンク系不動産担保ローンとは…その疑問を一挙解決!
不動産担保ローンの活用法・メリットまとめ
悪徳業者に注意!正しい不動産担保ローン会社の選び方
不動産担保ローンを組める愛知の銀行リスト
不動産担保ローンの基礎知識不動産担保ローンの基礎知識